レッスン♪

クラリネットレッスン No.2

 お待たせしました!瞳キラキラ&やる気満々のクラリネッティストの皆様ボンジュール。更新がちょっぴり遅くなりましたが(確か前回は暑い季節だったような;)、さぁ~今回からは具体的なレッスンに入っていきましょう。

 前回お薦めの音源を載せてみましたが、実際に聴いてみましたか?世の中にあるた~っくさんの音の中で、クラリネットの音だけに集中して耳を傾けるっというのは特別な事ですが、自分の操る楽器の魅力や弱点を知るっという事はとても大切な事です。繰り返し聴くことで耳を鍛え、自分の頭の中での理想やイメージを描くための準備でもあります。続けて 励みましょう。

 今回は楽器の組み立て方講座です。意外に適当に組み立ててらっしゃる方、多いんですよ。初心者の方はしっかりとポイントを押さえ、経験者の方は確認の意味でしっかりと復習してみましょう。

 クラリネットは、実は折りたたみ(組み立て)式。ベル、上管・下管、たる、マウスピースの5つのパーツを組み立てて使用します。教則本や演奏者にもよりますが、私は・・・

Image387

①下管とベルを接続

②上管と下管+ベルを接続

③たるとマウスピースを先にくっつけ上管に接続

Image388

Image389

Image390

 こんな感じで組み立てます。気をつけたいのは・・・

   ☆接続部分のコルクに適度なグリスを塗る事。

   ★上管と下管を接続させる時は、この写真のように左手で持って赤丸で囲んだ部分のキーを浮かせた状態で回し入れる

 Image386

 そして、マウスピースにリード&リガチャーをセットしましょう。この時の注意点は・・・

Image391  ①まずマウスピースにリガチャーをセット。

 注意:リガチャーは前締めタイプ、後ろ締めタイプとあるので自分のはどちらか確認しておきましょう。この時にネジをゆるめておく&リードを口に入れて十分に湿らせておくのがポイント!マウスピースにはリガチャーをセットする線が薄く入ってますので、上と下の線のど真ん中になるようにセットします。

Image392  ②リードを上からすべらせるようにセッティング

 注意:リードの位置は髪の毛1本分の隙間をあける(これが基本。状態によって変える場合もあり)。ネジは上をほんの少し強めにキュって締め、下はほんの少しゆるめに締めるのがポイント。ガッツリ締めちゃうと金属疲労で切れたり、ネジが壊れる原因になります。反対にゆるすぎると演奏中にズレます。

 以上の事に注意して、さぁ実際に楽器を組み立ててみましょう。初心者の方は自分の感覚としてモノになるまで注意点を確認しながらやって、近くにクラリネッティストがいれば上手くできてるかチェックしてもらいましょう。経験者・達人は後進への指導の際に役立てて頂ければ幸いです。

 本日のレッスンは、車の運転で言うと、アクセル・ブレーキ・ミラー等の位置を自分で確認し基本の位置を知る・・・という所でしょうか?次は実際に、動かして(鳴らして)みましょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラリネットレッスン No.2

 全国のクラリネッティストの皆様こんばんは。芸術の秋、楽しんでいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)